Profile/プロフィール

オステオパス

萩原啓一 B.App.Sc.(Comp.Med.)M.Ost.

(マスター・オブ・オステオパシー)


オーストラリア国立RMIT(ロイヤル・メルボルン工科)大学代替医療学部オステオパシー科卒業

オーストラリア国立RMIT(ロイヤル・メルボルン工科)大学大学院オステオパシー修士課程修了 


Dr. ジム・ジェラスD.O. 医学卒後教育バイオダイナミクスPhase I-IX修了(9年間プログラム)

Dr.ジム・ジェラスD.O. 医学卒後教育小児コースPhase I-III修了(3年間プログラム)


ドイツ・バイエルン・小児スクール&クリニック・フォオ・トラディショナル・オステオパシー修了(9モジュールによる3年間プログラム)


日本、オーストラリアで学校やセミナーの講師も務める。


略歴

2001年 ジャパン・カレッジ・オブ・オステオパシーに入学

その後オーストラリアに留学

2005 オーストラリア国立RMIT(ロイヤル・メルボルン工科)大学代替医療学部オステオパシー科卒業

2007 同大学大学院オステオパシー修士課程修了 

2008~現在 現在日本オステオパシー連合理事

2008~現在 MRO(J)取得

2008~現在 日本オステオパシー連合MRO(J)試験委員(実技と筆記)

2008〜 2011 三鷹オステオパシー院長(東京・三鷹)

2008~2014ジャパン・カレッジ・オブ・オステオパシー講師:オステオパシーの理論と哲学、筋肉エネルギー、誇張法などを担当 

2011~1016 ふじのオステオパシー院長(神奈川県・藤野)

2013 関西オステオパシー協会国内セミナー講師

 誇張法、オステオパシーの歴史と哲学、筋膜リリース(直接法、間接法、バランス法)、内臓マニピュレーション:逆流性食堂炎の治療、

頭蓋領域のオステオパシーとバイオダイナミックスオステオパシーの紹介など 

2014~2016 インターナショナル・オステオパシック・カレッジジャパン、ベーシック・コース講師:オステオパシーの理論と哲学、筋肉エネルギー・テクニック、触診解剖学など

2015 マレーシア人体解剖実習コーディネーター

2016 マニュアル・メディスン・オーストラシア・ゲスト講師(オーストラリア・メルボルン):MET、HVLA、FPR、逆流性食道炎の治療、リバランスなど 

2016〜 現在 ドミニカ児童養護施設でのオステオパシー・チルドレン・クリニックに参加

2016 〜現在 オステオパシー・センター・キャロット院長(東京・吉祥寺に移転)

2017〜現在 小児オステオパシー勉強会主催

2018 バイエルン・小児スクール&クリニック・フォオ・トラディショナル・オステオパシー修了

最近の修了セミナーなど