Keiichi

記事一覧(46)

オステオパシーで健康管理している患者様の声

萩原さまいつも大変お世話になっておりますいつも疲れきって大ピンチのような時に伺って、、本当は日頃からコンスタントにととのえておく事が大切かとわかっているのですが、なかなか。。私は割と若い時に野口晴哉さんの整体に出会いまして、整体協会の操法や、その流れの整体を受けて来ましたそんななかで、オステオパシーに出会ったのですが、テクニック的なものより、整体の先生の個性が操法と、操法をうける時間の質を左右すると思いますなんていうか、気(エーテル)の世界だな、と感じます受けているあいだ、完全に緩み、(萩原さんが学園の父兄方とは知らず、後でつながり、なんとも恥ずかしいなーとも思いましたが💦)時間の長さはいつのまにか、永さに変わりますよく緩むと永さに深さが感じられ、微睡みのなかで自分の深〜い呼吸がわかるように…初めて、受けたときは頭のほうになにか暖かい器具をあてているのかな、とも思いました藤野 Osteopathyの時は娘と連続のコマをとり、私が受けている時はうけおわった娘が、傍で寝袋に入り、深く眠っていました日頃、目や頭が休まらなくて眠りの浅いタイプなので、オステオパシーをうけて本当に身体がやすまり、自分の内部から動いてくるものを感じたりします(野口整体でも活元運動がありますが、)頭部はおそらく宇宙とつながっているのでしょうかオステオパシーで感じる動きはからだだけでなく神秘的な静かさと暖かさがあって、ここちよくゆだねています現代のひとはゆだねる、という時間が、少ないですよね眠りもどんどん削られ、忙しくて、精神的な力にも出会えないような気がします施術をうけたあとはゆっくりと気と力が戻ってくるのを感じますニュートラルという状態に萩原さんご自身が、いつもある、そこもまた、よい空間なんだと思いますいつもありがとうございます!(A.T様・女性)

つわりと出産のための産道確保の臨床例

(写真はイメージ)妊娠中、2回施術を受けさせていただきました。

1回目は妊娠初期、つわりの時期でした。不安感が強く、精神的に不安定になっている頃でした。施術は後頭部を軽く触れているだけでしたが、目の前が明るくなり、頭が軽くなる感覚がありました。2、3日後には気持ちの波が収まり穏やかさを取り戻しました。

妊娠中は身体の司令塔である脳も大きな変化にさらされていることを実感した施術でした。

2回目は妊娠後期に受けました。両坐骨の下に手を置いていただいていると、子宮がふわりと暖かくなり赤ちゃんの居心地が良くなるのを感じました。

赤ちゃんにばかり気持ちが向かっていたのですが、赤ちゃんを守り育てている自分自身の子宮や胎盤、身体全体への感謝の気持ちを一層持つきっかけとなりました。

おかげさまで予定日ぴったりに、元気な女の子を出産することができました!!

オステオパシーは施術直後よりも数日後にあ、そういえば、という感じで身体や気持ちの変化を実感します。身体との対話がしやすくなるようにも感じます。

たくさんの情報にさらされ、これから迎える出産・育児への不安なども多い妊娠期、身体の声を聴くことで安心感が得られた時間でした。

いつも気づきの多い施術をありがとうございます。(30代女性M.H)