気管支炎だった患者さんの臨床例

自分は中学生の時に気管支炎を患い、呼吸が苦しく夜もまともに寝れないような生活がしばらく続いていたことがありました。 そんな時に萩原先生のオステオパシーを知り何度か治療をしていただきました。 先生の治療は静かな不思議な時間が流れ、体の本来の力で治癒されて行くのを感じました。 今でも季節の変わり目など体調に不安を感じた時は先生にお世話になっています。 オステオパシーに出会うことができ、本当に良かったです。(K.I 10代男性)

オステオパシーセンターキャロット

オステオパシーは、1874年にアメリカの医師アンドリュー・テーラー・スティルによって創始された徒手医学。「オステオパシー」という名称は、ギリシャ語のオステオ(骨)とパソス(病気・治療)を語源としています。オステオパシーは一つの治療法というよりも、医学的哲学を実践する医療体系と言えるでしょう。

0コメント

  • 1000 / 1000