バイオダイナミクス・オステパシー PhaseVIII

Dr.ジム・ジェラスD.O.によるバイオダイナミクス・オステオパシーフェーズVIIIに参加しました。今回のトッピクはWholeness(全体性)でした。

また、中枢神経系の診断もかなり細かく習いました。

1. 術者はヘルスと同期する

2. CNSを見る。

3. フルイドを見る。

4.小脳延髄槽の高さを見る。

5. 終糸が上に上がる時に、仙骨も一緒に上がっているか

6. RTPをチェック

7. 第3脳室の中のモーションプレゼントの状態

8. 吸気の時にCNSがオーシャンから水を飲んでいるか?

9. イグニッションが第3脳室で点火しているかどうか?

10.吸気時に坐骨神経が太く短かくなって終板に向かっているか?


大変、勉強になりました。


オステオパシーセンターキャロット/小児と妊婦、発達障害、つわり、産後のうつ、逆子、 出産の準備、副鼻腔炎、急性の認知症

オステオパシーは自然治癒力を手技によって引き出します。小児から大人まで、妊婦さんも安心です。 小児:発達障害、逆流性食道炎、学習障害、ADHD、自閉症、ワクチン接種後、出産後 妊婦:つわり、逆子、出産の準備、産後のうつ、甲状腺機能低下症 大人:逆流性食道炎、不定愁訴、生理痛、鬱、自律神経失調症、手術の後遺症、副鼻腔炎、急性の認知症など お気軽にご相談ください

0コメント

  • 1000 / 1000