産後の甲状腺機能低下症の症例

(写真はイメージ)

疲れが回復しない、常に疲れを感じる、というような自分のエネルギーの低下を感じていたので萩原先生に施術をお願いしました。 横たわって静かな施術の時間を過ごし、回数を重ねるごとに、良し悪しの振れ幅が大きかった体調が徐々に落ち着きました。 劇的に何かが変わるというのではなく、私に寄り添ったペースで整う過程が、無理がなくてとても良かったと思い、感謝しています。(40代女性)

オステオパシーセンターキャロット

オステオパシーは、1874年にアメリカの医師アンドリュー・テーラー・スティルによって創始された徒手医学。「オステオパシー」という名称は、ギリシャ語のオステオ(骨)とパソス(病気・治療)を語源としています。オステオパシーは一つの治療法というよりも、医学的哲学を実践する医療体系と言えるでしょう。

0コメント

  • 1000 / 1000